エクセルによる便利なネットツールです。 顧客管理などのためのデータベース機能を基本として、メール配信機能、さらにメールアドレス自動取得+ダイレクトメール(EメールDM)の一括送信によるWebマーケティング機能も備えています。 強力なメール配信機能は様々な用途に応用できます。 ネットショップ運営者などには必須の一つ三役の優物ツールです。

現在位置: ソフトウェアライブラリ > フリーソフト―エクセルでEメール+ > FAQその他 > バージョン履歴

バージョン履歴

『エクセルでEメール+』のバージョン履歴

1.10.00(2006/10/20)
複数のメールサーバー・メールアドレスの登録に対応すると共に、メール配信時に切り替えることができる仕様にした。
1.10.01(2006/10/23)
メルアド取得とデータ範囲を取得するロジックの不備を訂正。
メール配信フォームの一部ユーザーインターフェース変更(送信元メールアドレスを変更不可に) 。
1.10.02(2006/11/6)
複数の電子メールアカウントを登録する際、アカウント名が未入力でも登録されてしまう不備を訂正。
1.10.03(2006/11/13)
複数電子メールアカウント設定に関するユーザーインターフェース一部修正。
1.10.04(2006/11/14)
複数電子メールアカウント設定に関するバグ修正。
1.20.00(2006.11.20)
本ソフトのアドイン登録時にパスワードを要するという方式を改め、体験版を解除するのにパスワードを要するという体験版方式を導入。
1.20.01(2006.11.30)
メールシナリオ名変更時、変更用のインプットボックスに変更前のメールシナリオ名が表示されるように改める。
1.21.01(2007.1.8)
同一シートに複数の検索キーワードがヒットした場合、そのすべての検索結果を表示する仕様に変更する。