エクセルによる便利なネットツールです。 顧客管理などのためのデータベース機能を基本として、メール配信機能、さらにメールアドレス自動取得+ダイレクトメール(EメールDM)の一括送信によるWebマーケティング機能も備えています。 強力なメール配信機能は様々な用途に応用できます。 ネットショップ運営者などには必須の一つ三役の優物ツールです。

現在位置: ソフトウェアライブラリ > フリーソフト―エクセルでEメール+ > FAQその他 > 『エクセルでEメール+』の動作環境

『エクセルでEメール+』の動作環境

『エクセルでEメール+』が動作するための環境について

動作確認OS

 本ソフトは、Windows 環境下で動作します。

 ただし、WindowsXPで作成されており、Windows2000では検証していますが、Windows95/98/Me については未検証です。

動作確認済みExcelのバージョン

 本ソフトは、Excel2003で作成されており、OfficeXPとOffice2000では検証していますが、これ以外のバージョンのExcelについては今のところ未検証です。

 古いバージョンのエクセル(Excel 97)では、VBAの互換性が取れていない可能性もありますので、上手く作動しない機能があるかもしれません。

その他システム要件

 本ソフトはExcelVBAを使っていますが、Excelのネイティブな機能だけでは実現できない働きをさせるため、いくつかの外部的なコンポーネントを使用しています。

 そのため、以下に掲げる要件を満たさない場合には、「実行時エラー」が発生し、本ソフトは正常には機能できません。

1.Office製品が正常にインストールされていること

 本ソフトは、プログラム上「Fm20.dll」というファイルを使用しております。

 このファイルは、Office製品がインストールされるときに一緒にPCにインストールされます。

  したがって、Office製品が正常にインストールされていない場合には、本ソフトは正常に機能しない(実行時エラーが発生する)可能性があります。

 なお、「Fm20.dll」というファイルについては再配布が認められていません([INFO] FM20.DLL の使用と再配布について)。

 ただし、マイクロソフトはMicrosoft ActiveX Control PadをダウンロードしてもFm20.dllをインストールできる旨述べていますが、当方では未確認です。

WSH(Windows Script Host)がインストールされていること

 本ソフトは、WSH(Windows Script Host)を使用しています。

 WSHとは、Windows環境下でJavaScriptVBScriptで記述されたスクリプトを実行するための環境(ソフトウェア)のことですが、これは、Windows98以降で標準装備されています。

 したがって、Windows95の場合は、別途ダウンロードしてインストールする必要があります。

 また、WSH自体にもいくつかのバージョンが存在します。

 最新のものはWindows Script からダウンロードすることができますが、OSによりダウンロードモジュールの種類が異なりますのでご注意下さい。

 なお、Windows Vistaのβ1でもWSHがインストールされていることは確認されています。