エクセルによる便利なネットツールです。 顧客管理などのためのデータベース機能を基本として、メール配信機能、さらにメールアドレス自動取得+ダイレクトメール(EメールDM)の一括送信によるWebマーケティング機能も備えています。 強力なメール配信機能は様々な用途に応用できます。 ネットショップ運営者などには必須の一つ三役の優物ツールです。

現在位置: ソフトウェアライブラリ > フリーソフト―エクセルでEメール+ > FAQその他 > 限界事項・免責事項

限界事項・免責事項

『エクセルでEメール+』の機能上の限界事項と免責事項について

機能上の限界事項

メール配信機能について

 メール配信機能は、ご利用になっているSMTPサーバー(メールサーバー)の機能によります。

 ほとんどの方はプロバイダのSMTPサーバーをご利用になるかと思いますが、プロバイダのメールサーバーでは短時間で大量のメールを送信することは禁止されています。違反した場合には、メール送信制限、さらにはアカウント停止という厳しい措置がとられることがあります。

 本ソフトを使用してもこの制限を打破できるものではないことにはご注意下さい。

 また、メール送信はメールサーバー運用者側の設定やネットワークの状況等様々な要因が影響しますので、送信エラーに関するお問い合わせにはお答えすることはできないことをあらかじめご了承お願いいたします。

 詳細につきましては、メールサーバーとのつきあい方(大量メール配信のコツ)をご参照ください。

メールアドレス自動取得機能について

 本ソフトのメールアドレス取得機能を使ってもメールアドレスが取得できない場合があることにご注意ください。

 また、迷惑メール送信行為は助長しないという趣旨からリンクを辿って自動的にメールアドレスを収集する(手当たり次第にメールアドレスを収集する)という作りにはなっていません(以上3.メールアドレス収集機能参照)。

 ただし、ネットをよく探すと、一つのページに多いときには1,000個以上のメールアドレスが掲載されているものがあります(企業紹介、会員紹介等のページ)。

 こうしたWebページからメールアドレスを取得する場合には本ソフトのメールアドレス取得機能は絶大な効力があります。

免責事項

 本ソフトウェアの利用により何らかの障害や損失が生じても、著作者は一切の責任の義務を負いません。