エクセルによる便利なネットツールです。 顧客管理などのためのデータベース機能を基本として、メール配信機能、さらにメールアドレス自動取得+ダイレクトメール(EメールDM)の一括送信によるWebマーケティング機能も備えています。 強力なメール配信機能は様々な用途に応用できます。 ネットショップ運営者などには必須の一つ三役の優物ツールです。

現在位置: ソフトウェアライブラリ > フリーソフト―エクセルでEメール+ > はじめに > サンプル画面

サンプル画面

『エクセルでEメール+』のサンプル画面

 バージョンにより、多少表示が異なる場合もあります。

専用ツールバー

 本ソフトのアドイン登録を済ませたあとは、エクセルを起動すると、専用のツールバーが表\示されるようになります。

 『エクセルでEメール+』の専用ツールバー

 『エクセルでEメール+』の全ての機能はこの専用ツールバーから操作します。

 なお、機能はデータベース関係のもの、メール配信関係のもの、メールアドレス取得関係のもの、その他と大きく4つに分けることができます。

データベース

↓クリックすると拡大します↓

『エクセルでEメール+』のデータベース機能\

 『エクセルでEメール+』はエクセルのワークシートをデータベースとして活用しますが、エクセルをデータベース的に活用するために必要十分な機能\を満たしています。

 ワークシートのA列からC列まで(上の画面で赤い色の部分)はそれぞれ重複データをチェックするための「重複」、メール配信の結果を記録するための「結果」、メールアドレスを保存するための「メールアドレス」となっており、本ソフトが専用的に使用する列(フィールド)です。

 D列以降はユーザーが自由に使用することができます。つまり、エクセルを使ったソフトにありがちなようにシートの自由な使用が大幅に制限されるということはありません。

 上の画面の例は、メールDMを行う場合の使用例ですが、D列とE列はメールアドレス以外の顧客基本情報、J列以降はメールDMによる営業記録を保存するために使用しています。

 それぞれ青色、緑色となっていますが、このように色分けをしてやると見やすいかもしれません。

 詳細は、1.データベース機能を参照してください。

設定フォーム

 メールを配信するために使用するメールサーバーメールアドレスなどを登録したり、メール作成作業を効率化するためのメールシナリオ登録するためのフォームです。

[基本設定]タブ

 

 詳細は、2.初期設定の仕方を参照してください。

[メールシナリオ設定]タブ

 詳細は、2-1 メール配信機能―\メールシナリオの設定を参照してください。

メール配信フォーム

 メールを配信するためのフォームで、本ソフトの中心的画面です。

 メール作成作業のシステム化・自動化を行うと共に、メール配信作業も自動化します。使いやすさと実用性に徹底的にこだわっています

 [設定]フォームで設定しているメールシナリオ電子メールアカウント(使用するメールサーバー及び使用するメールアドレス)を、このメール配信フォームで簡単に切り替えてメール配信します。

 その際、[設定]フォームでの設定をメール配信フォームで一時的に変更することも可能です。

 また、顧客データベースがあるワークシートとも有機的に連携しているので、メールの配信先きめ細かく、そして簡単選択できます。

↓クリックすると拡大します↓

 下図はメール配信フォームを最小化した場合の画面です。メール本文への差込を行う場合などはこのようにメール配信フォームを最小化することでワークシートを確認しながら作業することができます。

↓クリックすると拡大します↓

※詳細は2-1 メール配信機能―\メール配信フォームを参照してください。